身近な薬草勉強会

植物は食材として利用されるもののほか、薬用にされるものや毒草などがあります。
私たちの先人は長い経験の中で有効性や安全性を確かめながら薬草として利用してきました。
この勉強会ではその中から私たちの身近にあるもの、薬用植物園で栽培されているものなどを取り上げ、
植物の特徴や利用方法など実物を見ながら勉強します。
一般の方々を対象として毎月開催しています。

平成30年度の身近な薬草勉強会の日程

過去の内容




▲ページトップへ

加賀・能登の薬草シンポジウム

研究報告会・特別講演会及び加賀・能登地方での植物観察会を年1回開催しています.
平成30年度は6月22-24日に開催しました。
平成30年度 第19回 加賀・能登の薬草シンポジウム案内 第5報

【プログラム】
6月22日(金) 
●薬学生のためのウェットラボ 16:00〜18:00
  「薬用植物・生薬の鏡検実習」
    講師 酒井英二(岐阜薬科大学)
    学生限定・定員あり

6月23日(土)
●薬用植物園見学会 10:00〜12:00
  参加費 200円(冊子、保険料)
  ※学生漢方生薬ソムリエによる薬草園ガイドツアーは10:30〜予定 
●研究報告会及び特別講演会 13:00〜16:30  
  会場:金沢大学角間キャンパス 自然科学大講義棟
  参加費:200円(冊子、保険料)
  スケジュール
  13:00〜 研究発表会 
  14:00〜 日中交流シンポジウム ←NEW
        北京大学/河南中医薬大学/瀋陽薬科大学/青海省蔵医薬学会
  15:30〜 特別講演 「カンゾウを含めた薬用植物の栽培について」   
         尾崎和男(大阪薬科大学)
  16:30〜 閉会式(予定)

6月24日(日)
●野外薬草観察会(金沢大学角間キャンパス周辺) 9:00〜15:00 
  参加費:500円(バス代、冊子、保険料) 定員50名
  9:00〜 開会式・グループごとに散策開始
     ホオノキの樹皮はぎ体験を計画中 ←NEW
  12:00〜 昼食
  14:00頃 閉会式・解散(予定) 
  持ち物:飲み物・昼食・雨具
  現地集合・解散
  集合場所:金沢大学創立五十周年記念館『角間の里』
 


▲ページトップへ

シャクヤク観察会

薬用植物園にはシャクヤクの薬用品種を中心に約2,000株のシャクヤクが
栽培されています.
毎年,シャクヤクの開花に合わせて薬用植物園を一般公開しています.
平成30年度は年5月17〜18日(17時〜18時)にシャクヤク栽培区を含む薬草園全域の一般公開を行いました.
  平成30年度シャクヤク観察会おしらせ


金沢大学公開講座

平成30年度は金沢大学公開講座にて薬用植物園に関する講座が3回あります。  
6月16日(土) 親子で楽しむハーブの世界 in薬用植物園 (応募期間:4月2日〜6月8日) 終了
10月6日(土) 石川県の薬用資源を学ぶ1〜「オウレン」について〜 (応募期間:8月1日〜9月28日)
11月17日(土) 石川県の薬用資源を学ぶ2〜「シャクヤク」について〜 (応募期間:8月1日〜11月9日)
詳しい内容や応募については下記リンクよりご確認ください.
 金沢大学公開講座

▲ページトップへ


その他企画の写真

石川漢方談話会(H25)       石川漢方談話会(H26)       薬草植え付け体験(H26)