用語解説

薬用植物(やくようしょくぶつ)
薬用を目的とする植物。人体に何らかの作用を及ぼす可能性がある植物。有毒植物、ハーブ、山菜、農作物も薬用植物に分類される。

生薬(しょうやく)
自然界に存在する植物、動物、鉱物などの天然品をそのまま、あるいは乾燥、水蒸気蒸留などの簡単な加工を施して薬用としたもの。

漢方(かんぽう)
古代中国医学を基礎として,日本の風土気候に合わせて独自の発展を遂げた医学。

漢方薬(かんぽうやく)
漢方で用いられる処方薬。複数の生薬の組み合わせで構成される。葛根湯など。

民間薬(みんかんやく)
民衆の生活の中で発祥し,伝承される薬物。生薬1種類での使用が多い。ドクダミ、センブリなど。


生薬図鑑

釣藤鈎(チョウトウコウ)  桃仁(トウニン)  山梔子(サンシシ)  黄柏(オウバク) 

 ※Internet Explorer を使用して生薬図鑑を閲覧する場合は文字化けすることがあります。
  文字化けする場合は「右クリック」>「エンコード」>「Unicode (UTF-8)」を選択してください。

薬草・生薬の利用

私たちの身の回りには、雑草と思っていたものでも利用できる植物がたくさんあります。
「食薬区分」や「医薬品医療機器等法(旧薬事法)」をよく理解して、上手に利用しましょう。

カキドオシ茶 梅干小麦茶