Synthetic Organic Chemistry
金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科 創薬科学・薬学専攻 機能性分子合成学

Division of Pharmaceutical Sciences, Graduate School of Medical Sciences, Kanazawa University

Matsuo & Yoshimura Research Group
HomeResearchPapersMembersContactPhoto

機能性分子合成学研究室は、金沢大学薬学系の有機化学系研究室です。

有機合成化学は、炭素、酸素、窒素、水素などの元素を結合させながら目的とする分子を自分の手で作り出せる学問です。薬の多くは、有機合成化学を基に化学的に合成されて世の中に供給されています。炭素、窒素、水素などの元素は目に見えないので、それらを人間が組み合わせて形作ることは容易ではありません。しかし、私たちは、有機化学という学問を基に、新しい生理活性物質や機能性物質を作り出し、また、それらを作り出すより優れた方法を開発する研究をしています。

有機合成化学が扱う対象は、低分子有機化合物から高分子有機化合物まで幅広く存在しますが、我々は、主に低分子有機化合物の合成研究を行っています。これには薬が含まれます。薬は多くの化合物の中からスクリーニングを経て見出されます。このスクリーニングに用いられる化合物群の善し悪しが、優れた医薬品の開発に直結しています。我々は、有機合成の力を最大限に発揮してより効率的に薬の元となる物質を供給できる優れた有機反応の開発と有機物質の分子設計と合成を研究しています。

この研究室では、有機化学を駆使して社会にとって有用な有機物質を生み出すことを目標に研究を行っています。
News

2021年4月3日 ホームページをリニューアルしました。
2021年6月16日 当研究室の研究が金沢大学Paper of the Month に選出されました。
・英語
https://www.kanazawa-u.ac.jp/latest-research/92959

・日本語
https://www.kanazawa-u.ac.jp/rd/92964
2021年6月16日 論文発表情報を更新しました。