ボタン(ボタン科)
Paeonia suffruticosa Andrews
薬用部位:根皮(生薬名:牡丹皮<ボタンピ>)

ボタンは中国原産の落葉低木で枝先に直径10〜20 cm の大きな花をつける。
牡丹皮は鎮痛、鎮静、駆お血作用を目標に、加味逍遥散や桂枝茯苓丸などの婦人病薬に用いられる。
(撮影日:2016年4月25日)



Copyright (c) 2016 金沢大学薬用植物園 All Rights Reserved.