ノイバラ(バラ科)
Rosa multiflora Thunb.
薬用部位:偽果(生薬名:営実<エイジツ>)

原野や河岸などに普通に生える落葉低木で、野生バラの代表種。
色が鮮やかで粒がそろい、果柄の少ないものが良品とされる。
瀉下薬として用いられる。近種のテリハノイバラの偽果は営実として利用できない。
(撮影日:2017年5月23日)



Copyright (c) 2017 金沢大学薬用植物園 All Rights Reserved.