サキシマボタンヅル(キンポウゲ科)
Clematis chinensis Osbeck
薬用部位:根および根茎(生薬名:威霊仙<イレイセン>)

威霊仙は鎮痛を目的としてとして神経痛やリウマチに用いるほか、二朮湯、疎経活血湯などに配合される。
威霊仙由来は本草綱目に「威とはその性が猛なることを意味し,霊仙とはその効力が神速なる意味をいったもの」と記載されている。
(撮影日:2016年8月10日)



Copyright (c) 2016 金沢大学薬用植物園 All Rights Reserved.