コガネバナ(シソ科)
Scutellaria baicalensis Georgi
薬用部位:周皮を除いた根(生薬名:黄ごん<オウゴン>)

コガネバナは紫色の花をつけるが、根が黄金色のためコガネバナという。
黄ごんは解熱鎮痛消炎薬、健胃消化薬などとして小柴胡湯、黄連解毒湯、三黄瀉心湯などに配合される。
(撮影日:2016年6月20日)



Copyright (c) 2016 金沢大学薬用植物園 All Rights Reserved.