カノコソウ(オミナエシ科)
Valeriana fauriei Briq. 
薬用部位:根及び根茎(生薬名:吉草根<カノコソウ>)

名前は花が鹿の子(かのこ)絞りに似ていることに由来する。根・葉に独特の強い臭気を持つ。吉草根は鎮静剤として婦人用薬などに配合される。
(撮影日:2016年5月23日)



Copyright (c) 2016 金沢大学薬用植物園 All Rights Reserved.