おしらせ

●最新イベント情報
1月26日に第143回身近な薬草勉強会を開催します。

●更新状況


薬用植物園は通常、一般公開を行っていません。見学を希望される方はイベントに合わせてお越し下さい。

身近な薬草勉強会


12月15日(土)に定例会を開催しました。
次回は第143回1月26日です。
参加ご希望の方は12月13日(木)午後1時までに
電話、FAXまたはメールにてお知らせください。

平成31年薬草勉強会の年間スケジュールや
過去の薬草勉強会内容はイベントにて
ご確認ください。

その他の企画

●公開講座で薬草の植付体験をなどを企画

●5月中旬〜下旬頃
シャクヤクの開花に合わせて開催
平成30年度シャクヤク観察会のおしらせ
(過去資料)


●平成31年 10月 詳細未定
第20回加賀・能登の薬草シンポジウム

園内の植物・生薬

ナンテン(メギ科)
Nandina domestica Thunb.
薬用部位:葉(南天竹葉ナンテンチクヨウ)、果実(南天ナンテン)
暖帯の山林内に生え、観賞用などに植栽される常緑低木。民間では扁桃炎などのうがい薬や浴湯料などにも用いられる。(撮影日:2018.12.13)


コブシ(モクレン科)
Magnolia kobus DC.
薬用部位: 蕾(辛夷シンイ)
生薬辛夷はコブシあるいはタムシバなどのつぼみを乾燥したもの。コブシの名前は、果実の様子を、人が手を握った拳(こぶし)に見立てたことに由来する。漢方的には解熱、発散、鎮痛の効能があり、鼻炎や蓄膿症などに用いられる。(撮影日:2018.12.13)


園内の植物 (写真撮影日)
アンズ
(2016.03)
ボタン
(2016.04.25)
カノコソウ
(2016.05.23)
コガネバナ
(2016.06.20)
オニユリ
(2016.07.25)
サキシマボタンヅル
(2016.08.10)
ムラサキ
(2016.09.17)
ハナトリカブト
(2016.10.24)
サフラン
(2016.11.05)
クコ
(2016.12.15)
地黄(ジオウ)
(2017.1.31)
当帰(トウキ)
(2017.3)
キクバオウレン
(2017.3.14)
アミガサユリ
(2017.4.8)
ノイバラ
(2017.5.23)
クチナシ
(2017.7.22)
イトヒメハギ
(2017.07.22)
キキョウ
(2017.07.22)
▲ページトップへ

薬用植物園へのアクセス

薬用植物園は金沢大学角間キャンパス南地区,K駐車場奥にあります.


▲ページトップへ

連絡先

金沢大学 医薬保健学域薬学類・創薬科学類
附属薬用植物園
〒920-1192
石川県金沢市角間町
分子生薬学研究室
TEL&FAX:076-234-4491
Email:yakusouen @p.kanazawa-u.ac.jp
(@の前の半角スペースは削除して下さい)

▲ページトップへ