おしらせ

●最新イベント情報
・新型コロナウイルスの影響が収まるまで「身近な薬草勉強会」の開催を見合わせます。 また、今年5月のシャクヤク観察会(一般公開)は中止、10月の第21回加賀能登の薬草シンポジウムは延期とします。このサイトで状況報告いたしますので、ご覧ください。
ご理解くださいますようお願い申し上げます。


●薬用植物園の近況
薬草園の近況4.19-25
薬草園の近況5.3-9
薬草園の近況5.17-23

●更新状況


薬用植物園は通常、一般公開を行っていません。見学を希望される方はイベントに合わせてお越し下さい。

身近な薬草勉強会

新型コロナウイルスの影響が収まるまで開催を
見合わせます。
過去の薬草勉強会内容はイベントにて
ご確認ください。

その他の企画


園内の植物・生薬

ナツメ(クロウメモドキ科)
Ziziphus jujuba Mill.
薬用部位:果実(大棗 タイソウ)
中国から渡来し、日本各地に広く植栽され、黄色の小さな花が葉腋の短い集散花序につく。葛根湯や小柴胡湯などに配合される。  (撮影日:2019.7.1)


サネブトナツメ(クロウメモドキ科)
Ziziphus jujuba Mill. var. spinosa (Bunge) Hu ex H.F.Chow
薬用部位: 種子(酸棗仁 サンソウニン)
ヨーロッパ東南部、アジアの東部および南部に自生し、日本では人家に植えられるが時には野生化している落葉低木。ナツメと同様に集散花序に黄色い小さい花をつける。酸棗仁湯や帰脾湯などに配合される。(撮影日:2019.7.1)


園内の植物 (写真撮影日)
アンズ
(2016.03)
ボタン
(2016.04.25)
カノコソウ
(2016.05.23)
コガネバナ
(2016.06.20)
オニユリ
(2016.07.25)
サキシマボタンヅル
(2016.08.10)
ムラサキ
(2016.09.17)
ハナトリカブト
(2016.10.24)
サフラン
(2016.11.05)
クコ
(2016.12.15)
地黄(ジオウ)
(2017.1.31)
当帰(トウキ)
(2017.3)
キクバオウレン
(2017.3.14)
アミガサユリ
(2017.4.8)
ノイバラ
(2017.5.23)
クチナシ
(2017.7.22)
イトヒメハギ
(2017.07.22)
キキョウ
(2017.07.22)
コブシ
(2018.12.13)
ナンテン
(2018.12.13)
コエンドロ
(2019.05.14)
ホソバクサボタン
(2019.05.14)
▲ページトップへ

薬用植物園へのアクセス

薬用植物園は金沢大学角間キャンパス南地区,K駐車場奥にあります.


▲ページトップへ

連絡先

金沢大学 医薬保健学域薬学類・創薬科学類
附属薬用植物園
〒920-1192
石川県金沢市角間町
Email:yakusouen @p.kanazawa-u.ac.jp
(@の前の半角スペースは削除して下さい)

▲ページトップへ