金沢大学 活性相関物理化学研究室

トップイメージ

当研究室について

新しい医薬品を創るためには、膨大な数の生体内分子から適切な標的分子を選択する必要があり、実験的に探索するのには、お金も時間もかかります。そこで、コンピュータを使って効率的に医薬品の標的を発見するための方法論が盛んに研究されています。私たちの研究室では、コンピュータ解析に基づき、生体内の膨大な網羅的な観測データからの効率的な治療標的分子の探索法開発や実際の医薬品開発への応用を行っています。詳しい説明は研究内容をご覧ください。

INFORMATION

2018-10-03
業績を更新しました。
2018-10-01
メンバーを更新しました。
2018-05-22
研究内容を更新しました。
2018-05-22
メンバーを更新しました。
2018-05-22
業績を更新しました。
2018-05-22
アクセスを更新しました。
2018-05-22
リンクを更新しました。
pagetop