日本薬学会第139年会(千葉)

March 21, 2019Posted by admin

 
アミノ基を脱離基とした温和なアルキル化反応の開発
金沢大院医薬保 〇北岡 佑紀,北村 正典,藤田 光,国嶋 崇隆

トリアジンジオン骨格を基盤としたアルキル化剤の置換基効果
金沢大院医薬保 〇藤井崇徳, 山下莉奈, 藤田光, 角山哲史, 山田耕平, 北村正典, 国嶋崇隆

日本プロセス化学会 2018 ウィンターシンポジウム(京都)

December 7, 2018Posted by admin

 
トリアジンを基盤とした単離可能なエポキシ化剤Triazoxの開発
金沢大医薬保1, 神戸学院大学薬2 ◯別役樹1, 五十嵐佑貴1, 山田耕平1, 北村正典1, 平田紘基1, 日置和人2, 国嶋崇隆1

第36回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都)

November 29, 2018Posted by admin

 
トリアジンジオン骨格を基盤とした種々アルキル化剤の開発
(金沢大院医薬保)◯山下莉奈, 藤井崇徳,藤田光, 山田耕平,北村正典, 国嶋崇隆

日本薬学会北陸支部第130回例会(富山)

November 18, 2018Posted by admin

 
光増感触媒を用いたイナミンの生成及びそれを利用した光活性化型脱水縮合反応の開発
1金沢大院医薬保、 2金沢大新学術 ○木村 武史1、三代 憲司2、国嶋 崇隆1

第44回反応と合成の進歩シンポジウム(熊本)

November 6, 2018Posted by admin

 
親水性ポリアクリルアミドゲルを担体とする脱水縮合剤の開発
(金沢大院医薬保)○廣澤翔太,夏俊卿, 山田耕平, 国嶋崇隆

日本プロセス化学会 2018 サマーシンポジウム(東京)

July 27, 2018Posted by admin

 
トリアジンを基盤とした単離可能なエポキシ化剤Triazoxの開発
金沢大医薬保1, 神戸学院大学薬2 ◯別役樹1, 五十嵐佑貴1, 山田耕平1, 北村正典1, 平田紘基1, 日置和人2, 国嶋崇隆1

第43回反応と合成の進歩シンポジウム(富山)

November 6, 2017Posted by admin

 
求核触媒を内包した新規エステル化剤の開発
(金沢大学医薬保) 〇劉杰、山田耕平、北村正典、国嶋崇隆

第35回メディシナルケミストリーシンポジウム(名古屋)

October 25, 2017Posted by admin

 
カルボン酸、アミノ酸、ボロン酸からなる多様性志向型三置換オキサゾール合成法の開発
(金沢大院医薬保)〇山田耕平,上村直人,国嶋崇隆

第2回分子触媒 若手セミナー〜有機分子触媒の動向と将来展望〜(東京)

October 17, 2017Posted by admin

 
トリアジン化学を基盤とした新規アルキル化剤の開発
(金沢大学医薬保) 〇山田 耕平,国嶋 崇隆

フルオラス科学研究会第10回シンポジウム(東京)

October 13, 2017Posted by admin

 
酸触媒ジアルキルトリアジンジオン型フルオラスベンジル化剤の開発
(金沢大学医薬保) 〇山田 耕平,藤井 崇徳,山下 莉奈,国嶋 崇隆

26th International Society of Heterocyclic Chemistry(Regensburg, Germany)

September 6, 2017Posted by admin

 
Development of Electron-Poor Phosphine Ligands Having 1,3,5-Triazinyl Groups
Kazumi Abe, Masanori Kitamura, Hikaru Fujita, Munetaka Kunishima, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kanazawa University, Kanazawa, Japan

日本プロセス化学会 2017 サマーシンポジウム(大阪)

August 3, 2017Posted by admin

 
実用的な酸触媒アルキル化剤の開発
(金沢大学医薬保) 角山哲史、藤田光、〇寺ア博満、山田耕平、国嶋崇隆

日本薬学会第137年会(仙台)

March 25, 2017Posted by admin

 
(ジメチルアミノ)トリアジンの高脱離能を利用したグラミン類の化学変換反応
(1金沢大院医薬保、2ノースカロライナ州大化) 〇西川 理穂1、 藤田 光1,2、 国嶋 崇隆1

新規トリアジン型酸化剤の開発と反応
(金沢大学医薬保) 五十嵐佑貴、〇別役樹、山田耕平、国嶋崇隆

トリアジニルピリジニウム塩を用いたエステル化反応の開発
(金沢大学医薬保) 〇劉杰、山田耕平、北村正典、国嶋崇隆

トリアジンジオンを基盤とする新規アシル化剤の開発
(1金沢大院医薬保、2湖西大学校) 古田美佳1、〇軽尾友紀子1、 李政洙2、山田耕平1、北村正典1、国嶋 崇隆1

酸/塩基を用いないアルコールのO−パラメトキシベンジル化剤の開発
(1金沢大院医薬保、2ノースカロライナ州大化) 〇寺ア博満1、 藤田 光1,2、角山哲史1、 国嶋 崇隆1

アミノシクロプロペノンを用いる光活性化型脱水縮合反応の開発
(1金沢大院医薬保、 2金沢大新学術) 〇湯島 悠貴1、三代 憲司2、国嶋 崇隆1

第34回メディシナルケミストリーシンポジウム(つくば)

November 30, 2016Posted by admin

 
塩化トリアジンを用いた六員環状第四級アンモニウム塩合成法の開発
(金沢大院医薬保) 北村正典、山村聖奈、山田耕平、国嶋崇隆

日本薬学会北陸支部第128回例会(金沢)

November 27, 2016Posted by admin

 
互変異性化を駆動力とした新規トリアジン型酸化剤の開発
(金沢大院医薬保) 〇五十嵐佑貴、山田耕平、平田紘基、国嶋崇隆

第42回反応と合成の進歩シンポジウム(静岡)

November 7, 2016Posted by admin

 
π電子欠乏性トリアジンを置換基とした電子不足なホスフィン配位子の開発
(金沢大院医薬保) 〇安倍一実、藤田光、北村正典、国嶋崇隆

第46回複素環化学討論会(金沢)

September 27, 2016Posted by admin

 
新規トリアジノン型脱水縮合剤の開発
(金沢大院医薬保) 〇古田美佳、高橋健輔、山田耕平、藤田光、国嶋崇隆

カルボン酸・アミノ酸・アリールボロン酸からなる三置換オキサゾールの短工程合成法の開発
(金沢大院医薬保) 〇上村直人、山田耕平、藤田光、国嶋崇隆

XXVII European Colloquium on Heterocyclic Chemistry (ECHC 2016)(Amsterdam, Netherlands)

July 4, 2016Posted by admin

 
Development of triazine-type dehydrocondensing reagents having an amido group
Daiki Kato, Nobu Kimura, Kohei Yamada, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical, and Health Sciences, Kanazawa University, Kanazawa, Japan

日本薬学会第136年会(横浜)

March 29, 2016Posted by admin

 
トリアジノン骨格を基盤とする新規脱水縮合剤の開発
(金沢大院医薬保) 〇古田美佳、山田耕平、藤田光、国嶋崇隆

ポリアクリルアミドを担体とする親水性固定化脱水縮合剤の開発
(金沢大院医薬保) 〇夏俊卿、山田耕平、国嶋崇隆

アミド基を置換基に有するトリアジニルアンモニウム型脱水縮合剤の開発
(金沢大院医薬保) 〇加藤大輝、矢内秀、木村円、山田耕平、北村正典、国嶋崇隆

サイトT特異的な薬物タンパク結合を検出する蛍光標識化アルブミンの開発
(金沢大院医薬保) 〇瀧澤祐美佳、山田耕平、国嶋崇隆

Asian Chemical Biology Initiative (ACBI) 2016 Jakarta Meeting(Jakarta , Indonesia)

January, 2016Posted by admin

 
Development of HSA Sensor for Detection of Site II Drug Binding
Munetaka Kunishima

2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(Honolulu, Hawaii)

December 16, 2015Posted by admin

 
Study of the reactivity of benzyloxytriazine derivatives (BOTs) for acid catalyzed O-benzylation
Hikaru Fujita, Munetaka Kunishima, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical, and Health Sciences, Kanazawa University, Kanazawa, Japan

Quick and mild methods for cleavage of amide-bonds by using a triazine-based benzylating reagent
Yukiko Karuo, Kohei Yamada, Munetaka Kunishima, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical, and Health Sciences, Kanazawa University, Kanazawa, Japan

Synthesis and applications of electron deficient triazinylphosphine ligands
Kazumi Abe, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical, and Health Sciences, Kanazawa University, Kanazawa, Japan

Effect of carbon substituents on the reactivity of triazine-based dehydrocondensing reagents
Sayaka Komine, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical, and Health Sciences, Kanazawa University, Kanazawa, Japan

International Symposium on Organic Synthesis at GDUT(Guangdong)

November 27, 2015Posted by admin

 
Intramolecular cyclization using a π-deficient 1,3,5-triazine
Masanori Kitamura

第45回複素環化学討論会(東京)

November 20, 2015Posted by admin

 
新規酸触媒トリアジノン型ベンジル化剤の開発
(金沢大院医薬保)〇角山哲史、藤田光、北村正典、山田耕平、国嶋崇隆

日本薬学会北陸支部第127回例会(富山)

November 15, 2015Posted by admin

 
薬物タンパク結合を検出する蛍光標識化アルブミンの開発
(金沢大医薬保)〇巻口真穂、木野徹平、山田耕平、浅野智哉、国嶋崇隆

第41回反応と合成の進歩シンポジウム(大阪)

October 27, 2015Posted by admin

 
トリアジン型酸触媒ベンジル化剤のジプロトン化機構によるO-ベンジル化反応
(金沢大院医薬保)〇藤田光,国嶋崇隆

The 3rd International Synposium on Process Chemistry (Kyoto)

July 15, 2015Posted by admin

 
Development of acid-catalyzed alkylating reagents based on triazine chemistry
Naoko Hayakawa1, Kohei Yamada1, Hikaru Fujita1, Masanori Kitamura1, Kazuma Yoshimura2, Munetaka Kunishima1, 1Kanazawa University, Japan 2Process Development, NARD CHEMICALS, LTD.

The 18th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (Sitges Barcelona)

June 29, 2015Posted by admin

 
Development of a method for the synthesis of trisubstituted oxazoles by Suzuki-Miyaura Coupling
Kohei Yamada, Naoto Kamimura, Hikaru Fujita, Munetaka Kunishima*, Kanazawa University, Japan

日本薬学会 第135年会 (神戸)

March 26, 27, 28, 2015Posted by admin

 
π電子欠乏性新規トリアジン型脱水縮合剤の開発
(金沢大院医薬保) 木村 円, 〇矢内 秀, 山田 耕平, 北村 正典, 国嶋 崇隆

塩化トリアジンを用いたジアミン類の分子内環化によるピペリジニウム塩の合成
(金沢大院医薬保) 〇山村 聖奈, 北村 正典, 国嶋 崇隆

トリアジン骨格を基盤とする酸触媒tert-ブチル化剤の開発
(金沢大院医薬保) 〇早川 奈緒子, 山田 耕平, 藤田 光, 国嶋 崇隆

アミノトリアジンを脱離基とするベンジル化剤の開発:置換基効果に基づく分解反応の制御
(金沢大院医薬保) 〇軽尾 友紀子, 小峰 彩, 北村 正典, 国嶋 崇隆

電子欠乏性トリアジニルホスフィン配位子の開発
(金沢大院医薬保) 〇安倍 一実, 北村 正典, 国嶋 崇隆

カルボン酸・アミノ酸・アリールボロン酸からなる三置換オキサゾール合成法の開発
(金沢大院医薬保) 〇上村 直人, 山田 耕平, 藤田 光, 国嶋 崇隆

電子的効果の軽微な置換基を有するトリアジン型縮合剤の反応性に関する研究
(金沢大院医薬保) 〇小峰 彩, 北村 正典, 岡田 有加里, 国嶋 崇隆

第40回反応と合成の進歩シンポジウム

November 11, 2014 Posted by admin

 
トリアジニルアミンを脱離基とした分子内閉環反応によるピロリジニウム塩の合成
(1金沢大院医薬保,2神戸学院大薬,3神戸学院大ライフサイエンス産学連携研究センター)〇山村 聖奈1,北村 正典1,小林 比呂子2,山本 真理子2,多田 佳世2,日置 和人2,3,山田 耕平1,国嶋 崇隆1,3

15th Tetrahedron Symposium asia edition Singapore

October 30, 2014 Posted by admin

 
Development of a new benzylating reagent which releases benzyl cation-like species at room temperature
Kohei Yamada, Yukiko Karuo, Yuichi Tsukada, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima, Kanazawa University, Japan

第44回複素環化学討論会

September 11, 2014 Posted by admin

 
電子欠乏性アミノトリアジンを脱離基としたベンジル化剤の開発
(金沢大院医薬保) 〇軽尾 友紀子, 塚田 裕以智, 山田 耕平,北村 正典,国嶋 崇隆

創薬懇話会 2014 in 岐阜

July 9, 2014 Posted by admin

 
ベンジルカチオン種の求電子付加に基づくアミド結合開裂反応の開発
(金沢大院医薬保) 〇軽尾 友紀子,山田 耕平,北村 正典,国嶋 崇隆

未知の薬物標的タンパク質の探索を志向した親和標識化法
(金沢大院医薬保1, 金沢大ゲノム2)〇加藤 大輝1、山田 耕平1,北村 正典1,浅野 智哉2, 国嶋 崇隆1

日本薬学会 第134年会

March 28, 2014 Posted by admin

 
酸触媒トリアジン型ベンジル化剤の反応性解析
(金沢大学院医薬保) 〇藤田光、国嶋崇隆

新規酸触媒フルオラスベンジル化剤の開発
(金沢大学院医薬保)〇浅尾亮平、山田耕平,北村正典,国嶋崇隆

脱水縮合反応を基盤とする タンパク質修飾法(MoAL法)における プローブ設計とその評価
(金沢大院医薬保1, 2金沢大ゲノム)〇加藤大輝1、山田耕平1,北村正典1,浅野 智哉2, 国嶋崇隆1

触媒的アミド化反応を基盤とするタンパク質へのN-結合型糖鎖導入法の開発
(金沢大学院医薬保) 〇小川晃一、山田耕平、北村正典、国嶋崇隆

第125回 日本薬学会北陸支部例会

November 17, 2013 Posted by admin

 
トリアジン型ベンジル化剤 TriBOTを用いたカルボン酸のベンジルエステル化反応の開発
(金沢大学院医薬保) 〇吉田 紗季・山田 耕平・藤田 光・北村 正典・国嶋 崇隆

第39回 反応と合成の進歩シンポジウム

November 5, 2013 Posted by admin

 
ベンジルイミダートを経由するアミド結合切断反応の開発
(金沢大学院医薬保) 〇軽尾 友紀子・山田 耕平・北村 正典・国嶋 崇隆


第43回 複素環化学討論会

October 19, 2013 Posted by admin

 
酸触媒トリアジン型パラメトキシベンジル化剤 (TriBOT-PM)の開発
(金沢大学院医薬保) 〇藤田 光・山田 耕平・北村 正典・国嶋 崇隆

14th Tetrahedron Symposium

June 25,26, 2013 Posted by admin

 
A new acid-catalyzed benzylating reagent with the smallest unit of imidate structure: TriBOT
Hikaru Fujita*, Kohei Yamada, Munetaka Kunishima, Kanazawa University, Japan


IKCOC12

November 15, 2012 Posted by admin

 
Preparation of Hydrogel Particles by a in situ Generated Condensing Agent.
〇Kazuma Iwahara1, Kazuhito Hioki2 Masanori Kitamura1, Kohe Yamada1, Hideki Ichikawa2, Munetaka Kunishima1. (1Faculty of Pharmaceutical Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical, and Health Sciences, Kanazawa University, 2Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kobe Gakuin University.)


第38回反応と合成の進歩シンポジウム

November 6, 2012 Posted by admin

 
究極的に簡素化されたイミダート等価構造を持つ新規ベンジル化剤:TriBOT
〇藤田 光, 山田 耕平, 国嶋 崇隆

 
プロトン性溶媒中におけるエナンチオ選択的アミド化触媒の開発
〇正木 一将, 北村 正典, 国嶋 崇隆


有機合成化学北陸セミナー

October 5, 2012 Posted by admin

 
エマルション界面での脱水縮合剤の生成を利用したポリアミド型微粒子ヒドロゲル合成法
〇岩原一磨1, 日置和人2, 北村正典1, 山田耕平1, 市川秀喜2, 国嶋崇隆1(金沢大院薬1, 神戸学院大薬2)

第6回武田科学振興財団薬科学シンポジウム

September 13, 2012 Posted by admin

 
A New Acid-Catalyzed Benzylating Reagent with the Ultimately Miniaturized Imidate
〇Hikaru Fujita, Kohei Yamada, Munetaka Kunishima .(Faculty of Pharmaceutical Sciences, Institute of Medical, Pharmaceutical, and Health Sciences, Kanazawa University, Japan)


第10回次世代を担う有機化学シンポジウム

May 11, 2012 Posted by admin

 
温和な条件下で進行するトリアジン型ベンジル化剤の開発
〇山田耕平1, 塚田裕以智1, 国嶋崇隆1