薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 大学院受験の方へ > 大学院医薬保健学総合研究科(博士課程)薬学専攻

大学院医薬保健学総合研究科(博士課程)薬学専攻

アドミッション・ポリシー

本課程では,薬学を中核に据えた医療系学問分野における最先端の知識,医療人としての実践的な研究能力,および高い倫理観と国際的視野の醸成を目的とします。薬学・医学・保健学という三つの医療系学問分野が横断的に連携した本研究科に特有の学際的環境の中で,基礎薬学から医療薬学にわたる幅広い分野での教育を通して,高い専門性を有する薬学教育・薬学研究のリーダー,自然科学の素養と学術的に優れた研究能力を兼ね備えた医療人を養成します。具体的には,臨床現場において指導的役割を果たす薬剤師,医療薬学教育・研究をリードする薬系大学教員,医療・厚生・薬事・環境等の行政担当者,新薬開発や臨床試験等に携わる研究者など,高度に専門的な業務に従事し,その第一線で活躍を目指す人を受け入れます。 
入学者選抜の基本方針としては,一定レベル以上の学力(専攻学術および英語)を有し,これまでに行った研究課題に対する理解と熱意,さらに将来,上記の分野で活躍することに強い意欲をもっていることを重視します。選抜は,基礎学力,英語能力,論理的思考力,研究課題の理解力等を総合して判定します。

入試情報

研究

特別プログラム

↑ ページトップへ