薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > イベント > 金沢大学薬学シンポジウム20XX

金沢大学薬学シンポジウム20XX

薬学系長からのメッセージ

「金沢大学薬学シンポジウム20XX」の開催について

平成18年度より薬学に6年制学士課程が設置され,今まで以上に薬剤師教育の充実が求められています.金沢大学でも,卒業と同時に薬剤師国家試験受験資格が付与される薬学類(6年制学士課程)を新設し,社会が求める薬剤師を世に送り出すべく,鋭意努力をしているところです.その一方で,日本の薬学は基礎研究に重きを置き発展してきた歴史を有しています.本学でも,各研究室における教育・研究を通して,多くの優秀な創薬科学者・生命科学者を輩出してきたことは周知の事実です.先輩諸氏が築き上げた研究者養成の道筋を堅持すべく,教員の教育・研究活動を活性化し,それをもって創薬学類(4年制学士課程)並びに大学院の充実を図って行きたいと祈念しています.このような背景のもと,この度有機・天然物系,生物系,代謝・動態系,物理・分析・衛生系の4研究分野のシンポジウムを各々毎年開催し,医薬保健研究域薬学系の研究レベルの更なる向上を目指すこととなりました.初年度のシンポジウムは「金沢大学薬学シンポジウム2009」と銘打って開催致しました.また,翌年度以降も「金沢大学薬学シンポジウム2010」等の冠のもと,継続的に開催しております.その都度,御案内を掲示いたしますので,多くの皆様に御出席賜れば幸いです.

医薬保健研究域薬学系長
国嶋 崇隆

金沢大学薬学シンポジウム2017のご案内

金沢大学薬学シンポジウム2016のご案内

金沢大学薬学シンポジウム2014のご案内

金沢大学薬学シンポジウム2013のご案内

金沢大学薬学シンポジウム2012のご案内

金沢大学薬学シンポジウム2011のご案内

金沢大学薬学シンポジウム2010のご案内

金沢大学薬学シンポジウム2009のご案内

↑ ページトップへ