薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

肺線維症防ぐタンパク質 金大研究グループが解明

肺に空気を取り込む肺胞の壁が厚くなり、呼吸しにくくなる「線維化」の進行を防ぐ働きが、体内のタンパク質にあることを、金大医薬保健研究域薬学系薬物動態学の中西猛夫准教授、玉井郁巳教授らの研究グループが突き止めた。肺線維症は、重症化すると死に至り、治療法が確立されていない。研究を機に、治療、予防法の開発につながることが期待される。

富大大学院医学薬学研究部薬剤学の赤沼伸乙助教、細谷健一教授らと共同で研究を進め、成果は米国の科学雑誌「PLOS ONE」に掲載された。
中西准教授によると、肺が炎症を起こすと、肺胞の中に「プロスタグランジンE2(PGE2)」という物質が大量に分泌される。PGE2が肺胞内にとどまっていると肺の線維化が進むが、PGE2を運び出すタンパク質「SLCO2A1」があることで、悪化を防止できる。この仕組みをマウスを使って確認した。

↑ ページトップへ