薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

脳内の神経細胞 ニコチンで再生「毒をもって毒を制す」 金大・米田教授ら確認  アルツハイマー治療に期待

 タバコの葉に含まれる有害物質「ニコチン」に、脳神経細胞の再生を促す効果があることを、金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らの研究グループが23日までに確認した。動物の脳細胞にニコチンを加えると、神経細胞ができる割合が増加した。研究グループによると、人間に適用できれば、アルツハイマー病など、神経細胞の脱落に起因する病気の予防、治療法開発につながる可能性があるという。

 情報処理と情報伝達を担う神経細胞は、神経幹細胞が作り出す細胞が分化してできる。

【喫煙者は少ない】

 米田教授は、喫煙者にアルツハイマー病患者が少ないという過去の調査結果からニコチンに着目。ニコチンによって、神経幹細胞が神経細胞に分化する割合が高まるかどうかを調べた。

 実験では、マウス、ラットの胎児の脳から取り出した神経幹細胞を培養し、ニコチンを加えた。ラットの場合、ニコチンを加えると、神経細胞の割合が25%から40%に増え、マウスでも同程度の結果が得られたため、ニコチンが神経細胞への分化を促進していることが裏付けられた。

 神経細胞が脱落することで発症するとされているのは、アルツハイマー病のほか、脳卒中後遺症やパーキンソン病などがある。脳内にある神経細胞は増殖しないが、新たな神経細胞を生み出すことができれば、脱落した分を補うことができる。

【大きいデメリット】

 米田教授によると、喫煙によるニコチン摂取は、デメリットの方がはるかに大きい。病気予防や治療への活用に向けては、ニコチンの有毒性や血管収縮作用など課題も多いが、すでに禁煙用ニコチンパッチなどの使用例があり、ノウハウが生かせるという。

  同グループには寶田剛志助教と大学院生の川越博文さんが参加し、研究成果の特許を申請した。米田教授は「まさに『毒をもって毒を制す』で、有害な物質でもうまく使えば病気予防や治療に役立つ可能性がある。企業と連携して研究を進めたい」と話した。

※神経細胞
神経の組織を構成する細胞。ニューロン。脳内では神経細胞約140億個でネットワーク形成されており、高度な機能を担っている。従来、成人の脳神経細胞は壊れる一方で、再生しないと考えられていたが、近年の研究で脳内の一部には神経幹細胞が存在し、新しい神経細胞が作られていることが分かっている。

↑ ページトップへ