薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

「膵臓がん抑制化合物を発見」金大がん研 新薬開発に道

金沢大がん研究所の向田直史教授(基礎腫瘍学)と同大医薬保健研究域の石橋弘行教授(有機合成化学)らの研究グループが,治療が極めて難しい膵臓がんを抑制する化合物を見つけたと発表した。新たな抗がん剤を開発できる可能性があるといい,特許を申請している。化合物は二種類。グループは詳細を明らかにしていないが,どちらも,がんになった臓器で見つかる発がん遺伝子「Pim-3」の働きを抑える。

試験管で膵臓がん,大腸,肝臓の各がん細胞株に化合物を投与したところ,膵臓がんをほぼ完全に抑制。ほかのがんでも効果が確認できたという。

新薬開発に向け,向田教授は「今後は化合物の毒性を確かめたり,より効果が出る化合物の構造を見つけたりすることが必要になる」と話している。

膵臓がんは早期発見が難しい上,進行が早い。主流の化学療法でも,抗がん剤が効きにくい。

お問い合わせ先:
石橋 弘行; isibasi@p.kanazawa-u.ac.jp
谷口 剛史; tsuyoshi@p.kanazawa-u.ac.jp

↑ ページトップへ