薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

「高精度でがん発見」PET診断法を開発 薬で炎症と区別 羽咋の研究センター 米誌掲載へ

がんの発見に威力を発揮する陽電子放射断層撮影装置(PET)を使って、高精度でがんを早期に見つける診断方法を、先端医学薬学研究センター(羽咋市)の研究員らが14日までに開発した。従来は炎症と区別がしにくかったがん細胞を正確に突き止めることができ、診断対象も広がるのが特長で、三種類のヒトのがん細胞で有効性を確認した。再生医療で課題となっているがん化対策にも期待される研究成果は、近くアメリカの核医学会誌に掲載される。

新たな診断法を開発したのは、同センターの三好荘介主任研究員(41)と金大大学院自然科学研究科薬学系博士課程の光岡圭介研究生(27)らを中心とする研究グループ。

従来のPET診断法は、がん細胞がブドウ糖を活発に取り組むことを利用し、FDGと呼ばれる診断薬を使っている。しかし、FDGは炎症を起こしている個所にも集まるため、画像ではがんか炎症か識別できない問題点がある。さらに、前立腺がんや胃がん、肝臓がんなどの診断ではFDGの集積が悪く、この診断方法では肺がんや甲状腺がん、大腸がんなどに限られている。

研究グループは、光岡研究生が在籍する研究室の辻彰教授が世界に先駆けて発見したがんに発現する「ペプチドトランスポーター」と呼ばれるタンパク質に着目し、新たに放射性医薬品の診断薬「nCーグリシルサルコシン」を使う診断方法を開発した。

この診断薬を使ったPET診断のマウス実験で、膵臓や前立腺、胃の3種類のヒトがん細胞で炎症とがんを判別できることが分かった。さらに理化学研究所細胞材料開発室(茨城県つくば市)の協力を得て約100種類のヒトのがん細胞でもこのタンパク質が90%以上で発現していることも確認され、がん診断に利用できる可能性が示された。

医療関係者によると、新しい診断方法は、近年注目を集めている幹細胞を移植して組織や臓器を再生する再生医療での役割も期待されている。再生医療の課題として挙げられているがん化に対していち早い診断が可能となれば、実用化に向けて大きく踏み出すことになるとみられる。2人は「がんは日本人の死因のトップにあり、早く人に応用できるよう研究を進めたい」と話している。
「大きな可能性持つ」絹谷清剛・金大大学院医学系研究科バイオトレーサ診療学教授 ブドウ糖代謝を利用したFDGによる診断方法の限界は指摘されており、代わるものが世界中で探されている。今回の新しい診断薬を使った方法はその限界を突き破り将来、置き換わっていく大きな可能性を持っている。

お問い合わせ先: 辻 彰; tsuji@kenroku.kanazawa-u.ac.jp

↑ ページトップへ