薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

臨床能力試験で予行演習 金大薬学部

金大薬学部は三日、二〇一〇年(平成二十二)年から本格運用される薬学共用試験の一種、客観的臨床能力試験(OSCE)に備えた予行演習を全国の国公立大薬学部で初めて実施する。

薬学部のうち、薬剤師を養成する薬学科は今年度から六年制となり、病院や薬局での五ヶ月間以上の臨床実務実習が義務づけられた。薬学共用試験は薬剤師免許のない学生が実務実習を行うために受ける必要があり、コンピューターによる知識試験と第三者評価による技能と態度の試験(OSCE)が実施される。

予行演習は教員らが試験の流れに慣れる目的で行われ、薬学部の全教員と事務職員、学部三年生や大学院生ら合計百七十人が参加。処方箋の受付や薬剤の調製、交付などの演習に取り組む。

↑ ページトップへ