薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

ちょっぴり大学生 たっぷり膨らむ夢 金大などで高校生参加 薬学部に一日入学

「第二十回楽しい薬学部への一日体験入学」が十六日、金沢市角間町の金沢大などで開かれた。北陸三県をはじめ関西、中部地方などの高校生や保護者らが参加し、薬学の面白さに触れた。

進路選択の参考にしてもらおうと、日本薬学会北陸支部が金沢大、北陸大、富山大の三会場で開催。約百八十人が参加した金沢大では、薬学に関する講義を受けた後、北陸大も含め計三十三の実験コースに五人程度のグループで参加した。

「遺伝子をみる」コースでは、牛の胸腺をすりつぶし、バラバラになった細胞からDNAを取り出す実験に挑戦した。福井市の北陸高校一年渡辺啓和君は「本格的な実験器具を使うのは初めてなので緊張した。将来は人を助ける仕事をしたい」と話し、熱心に取り組んでいた。(小室亜希子)

写真=細胞からDNAを取り出す実験に取り組む高校生=金沢市角間町の金沢大で

↑ ページトップへ