薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

薬学最前線に興味津々 金沢、北陸両大学 中高生ら一日体験入学

「薬学部の一日体験入学」が十七日、金沢市の金沢、北陸両大学であり、中高校生、保護者ら各研究室で最前線の現場に触れた。
 薬学部で何が学べるのか、などを知ってもらおうと日本薬学会北陸支部が毎年催している。
 百四十一人が来訪した金沢大では、ホームページの効果で、青森県や九州など遠方の参加者も多く、熱心に質問する場面もあった。生薬の品質を評価する資源生薬学研究室では、高校生らがさまざまな栄養を入れた培地を作り、無菌状態でアサガオを育てる試みに挑戦した。七尾高の二年生女子(十七)は「予想以上に高レベルでした。これまで以上に研究したくなった」と声を弾ませていた。
 高校生らは、続いて御影教授の案内で薬用植物園を見学した。(沢井秀和)

↑ ページトップへ