薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

男性不妊治療に道 不要細胞除去で精子を大量生産 金大・中西教授ら解明

マウスが効率よく精子を生産するには、細胞死(アポトーシス)を起こしつつある不要な精子を除去する機能が不可欠であることを、金沢大医学系研究科・薬学部の中西義信教授(生化学)らが、世界で初めて明らかにした。男性に不妊の原因がある場合、精巣内でいらなくなり、細胞死を始めた精子を除去する機能が低下している可能性があり、新しい不妊治療につながる基礎研究として注目されそうだ。(報道部・沢井秀和)
 精巣で大量に生み出される精子は生産過程で、細胞死するものが多いことが知られている。何らかの障害がある精子が選ばれ細胞死していると推定されるほか、精子の過密状態を防ぐためとも考えられている。
 グループはこれまで、「セルトリ細胞」と言われる貪食(どんしょく)細胞が細胞死した精子を“食べる”ことを発見。細胞死が始まると、その精子の外側に特定のリン脂質が露出し、セルトリ細胞の表面にある受容体と結合し取り込まれることで、細胞死の精子を除去することを解明した。
 今回、細胞死が始まった精子の外側に出てくる特定のリン脂質と結合する別のタンパク質を精巣に注入し、細胞死の精子を除去するセルトリ細胞と結びつかないようにしたマウスを使って実験した。細胞死を始めた精子の除去機能をなくしたマウスは、正常マウスに比べて千分の一の量しか精子を生産できなかった。成果は六月二日から金沢市で始まる日本脂質生化学学会で発表される。
 中西教授は「男性に原因がある不妊の場合、精子の量が少なかったり、精子の運動能力が低下したりしているが、理由は分からない。男性患者で精巣内のセルトリ細胞が機能しなくなることが臨床的に確認できれば、新たな不妊治療に道を開く可能性がある」と話している。

治療法開発へ期待

不妊治療に詳しい横浜市大医学部の小川毅彦・準教授(泌尿器病態学)の話 精子形成の調節機構としてセルトリ細胞が重要な役割をしていることを再認識させるものだ。精子の数が少ない状態は男性不妊の原因として最も頻度が高く、この治療法開発へのきっかけになる可能性もある。臨床応用からも興味深い。

◇貪食細胞◇

生体内で古くなったり、役割を終え、壊れつつある不要な細胞をすみやかに除去する細胞。血液組織にいるマクロファージが代表的な例。精巣内ではマクロファージは中に入れないため、セルトリ細胞が不要な精子を“食べる”。

お問い合わせ先: 中西義信;nakanaka@kenroku.kanazawa-u.ac.jp

↑ ページトップへ