薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

骨粗しょう症の特効薬 骨作り、破壊を抑制 副作用なく大量生産も,金大・染井教授ら 化合物を開発

金沢大学薬学部の染井正徳教授(薬化学)らの研究グループが、骨を作る細胞を活性化させる一方で、骨を壊す細胞の働きを抑える化学物質を作り出した。骨がもろくなり骨折しやすくなる骨粗しょう症の治療薬として利用できるとしており、染井教授らはこの物質の特許を出願した。

この物質は、医薬品に多く用いられているインドール化合物の一種で、染井教授は、金沢大学自然計測応用研究センターの鈴木信雄助手、東京医科歯科大学の服部淳彦教授と共に開発した。 染井教授らは、インドール化合物の中に骨粗しょう症に効く化合物があると考え、合成を進めてきた。作り出した物質の効果を実験で確かめたところ、骨を作る細胞が活発化し、骨を壊す細胞の作用を抑制するとの結果が得られた。一億分の一に薄めて実験しても同じ効果が確認され、同教授らは「副作用の心配もない」としている。

また、染井教授は、このインドール化合物を簡単に大量合成する方法を確立した。 実験では、骨の代わりに魚のうろこを利用する方法を開発した。うろこには骨と同様、「作る」「壊す」細胞も簡単に培養することができ、素早く活性度を測定する方法も確立した。 骨粗しょう症の予防・治療薬としては、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが知られているが、乳がんや痴呆症の発症を高める可能性があるとして厚生労働省が注意を呼びかけている。 染井教授によると、この化合物は骨のカルシウム濃度を高め、骨を丈夫にするため、魚や家畜の増産に役立つ新技術につながる可能性もあるという。同教授は「骨粗しょう症の治療薬としてだけではなく、漁業、畜産分野での応用も目指したい」と話している。

染井教授ほか発明情報:「インドール誘導体及びその用途」

骨粗しょう症

カルシウム不足などの原因で骨がスカスカになって弱くなる病気。閉経後の女性や高齢の男性に多くみられる。最初は何の症状もないが、進行すると腰や背中が歪んだり、曲がったりする。骨折して寝たきりの原因にも。

インドール化合物

インドールと呼ばれる窒素、水素、炭素からなる分子と、他の原子が化学反応してできた物質。薬理作用がある化合物として、関節痛に効くインドメタシンや偏頭痛をやわらげる麦角アルカロイドなどがある。

お問い合わせ先:染井正徳;somei@mail.p.kanazawa-u.ac.jp

↑ ページトップへ