薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

金大Ⅱ期移転スタート 薬学部から順次、角間へ

金大総合移転の第Ⅱ期事業は一日、宝町キャンパスにある薬学部で引越し作業が始まり、理・薬・工学部が集まる角間キャンパス南地区の完成に向け第一歩を刻んだ。

薬学部移転は作業員約三十人が段ボール約二千五百箱をトラック五台で、出来たばかりの総合研究棟Ⅰに運び入れた。九日にかけて書籍や実験器具など段ボール一万五千箱を輸送し、四月から学生を受け入れる。

薬学部に続き、角間キャンパス理学部棟にある生物学科が総合研究棟Ⅰに移り、今夏には小立野キャンパスの工学部から物質化学工学科が移転。最終的には工学部の全学科とがん研究所などが角間キャンパスに移る。

↑ ページトップへ