薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 報道ダイジェスト > 記事

報道ダイジェスト:記事

金大薬局で学生実習開始

金大教官らによるNPO法人が運営するアカンサス薬局(金沢市石引1丁目)で今月から同大薬学部の早期体験学習が始まり、1年生80人が5人ずつのグループに分かれて順次、薬剤師の仕事を見学している。
 22日は大栁賀津夫薬剤師が医薬分業の推進と調剤薬局の役割について説明した後、アカンサス薬局を隅々まで案内した。軟膏を練るテーブルや粉薬を小分けにする機械など、普段は見られない調剤室の様子に学生は興味深く見入った。
 (中略)
 アカンサス薬局はNPO法人「健康、環境、教育の会」が2月に開設した非営利の薬局で、薬学生らの研修の場として国立大初の「附属薬局」的な役割を果たす。金大薬学部は1年生の早期実務実習の場として利用し、質の高い薬剤師の養成を目指す。

お問い合わせ先:鈴木永雄;nsuzuki@kenroku.kanazawa-u.ac.jp

↑ ページトップへ