薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 研究室一覧 > 山下研究グループ

山下研究グループ

主な研究テーマ

  • 細胞ストレスによるゲノム異常誘発と細胞がん化に関する研究

研究の概要

細胞ストレスによるゲノム異常誘発と細胞がん化に関する研究

細胞はゲノム損傷に対する応答のみならず、浸透圧ショックやレドックス異常によるタンパク質や脂質の酸化などゲノムに直接的な損傷を引き起こさないストレスに対しても,細胞周期の進行遅延や一時停止などの応答をする。このような非ゲノムストレス状態においては,細胞ではゲノム損傷時とは異なるシグナル伝達系が活性化され,それらが細胞周期制御因子の機能制御おこなうことで細胞周期停止がおこると考えられる。この過程にどのような遺伝子がかかわるかは現在未知であり、細胞周期調節に関わる因子がどのような調節を受けるのかについて非常に興味をもって研究を進めている。細胞周期を標的とするストレス応答シグナル調節の異常はゲノム不安定性をもたらし、がんの悪性化と深く関わっていると考えられるため、この分子機構を明らかにすることで、がん予防につながる新規な薬剤の探索を目指す。

最近の主な発表論文

教員紹介

  • 山下 克美 准教授

    専門分野

    分子生物学、細胞生物学

    所属学会

    日本分子生物学会、日本生化学会、日本癌学会、日本細胞生物学会

もっと知りたい

↑ ページトップへ