薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 研究室一覧 > 精密分子構築学

精密分子構築学

主な研究テーマ

  • 新しい有機合成触媒反応の開発
  • 酸-塩基共存型試薬及びその反応場の開発
  • アレンを基軸とする新規環構築法

研究の目標

私たちの精密分子構築学研究室では「触媒の⼒でクスリの未来を創る」という目標に向かって研究を展開しています。有機化学をベースに、多彩な機能と高い活性をもつ触媒(遷移⾦属錯体触媒、有機分子触媒、不⻫触媒、固体触媒など)を合理的かつ精密にデザインし、⾰新的で斬新な分子変換反応を実現します。⼊⼿容易な化学原料から複雑な高付加価値有機分子を単純かつ迅速にそして無駄なく合成し、医薬・農薬の開発や生命科学研究の未来を切り拓きます。そして、薬学を志す者、今まさに薬学を学ぶ者に、私たちの研究を通じて、サイエンスの面白さやサイエンスの無限の可能性を伝えていきたいと考えています。学生、教員が一丸となって、大きな夢に向かって日々研究に取り組んでいます。

最近の主な発表論文

教員紹介

  • 大宮 寛久 教授

    専門分野

    有機合成化学、有機金属化学

    所属学会

    日本化学会、日本薬学会、有機合成化学協会、近畿化学協会

  • 稲垣 冬彦 准教授

    専門分野

    有機合成化学

    所属学会

    日本薬学会、有機合成化学協会

  • 安田 茂雄 助教

    専門分野

    有機金属化学、有機反応化学

    所属学会

    日本化学会、日本薬学会

  • 向 智里 教授(理事・副学長)

    専門分野

    有機合成化学

    所属学会

    アメリカ化学会、日本薬学会、有機合成化学協会

もっと知りたい

↑ ページトップへ