薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 研究室一覧 > 衛生化学

衛生化学

主な研究テーマ

  • アレルギー疾患に関わる分子・細胞生物学的研究
  • アレルギー炎症を制御する内的・外的因子の探索
  • 環境汚染物質の環境動態と曝露評価に関する研究

研究の概要

衛生化学研究室では『アレルギー疾患治療を目指して〜生体分子から環境因子までを科学する〜』を目標に研究を行っています。花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーを始めとした様々なアレルギー疾患は、日本のみならず世界的にもその患者数は増加の一途をたどっています。これらアレルギー疾患の多くは、花粉、食品、環境物質などがアレルゲンとしてアレルギー細胞(マスト細胞・好塩基球細胞)を活性化し、ヒスタミンをはじめとした炎症性物質が細胞から放出されることによって引き起こされます。我々は、遺伝子・分子・細胞・動物を用いた分子・細胞生物学的観点から、アレルギー疾患の原因やその発症メカニズムを解明しようと考えています。

また、アレルギー疾患は病態や病状が多様に変化します。これらには内的(ストレス状態、年齢など)及び外的因子(花粉、環境汚染物質など)が大きく寄与していると考えられています。我々は、様々な内的・外的因子がアレルギー疾患へ及ぼす影響についても研究を行っています。

さらに、近年の目覚ましい科学技術や産業の発展に伴い、健康被害をもたらす様々な環境汚染物質が我々の生活環境に溢れています。このような環境汚染物質の環境動態や生体への曝露評価を行うことによって、様々な疾患の原因究明に役立てたいと考えています。

衛生化学研究室では、分子生物学、細胞生物学、顕微光学、分析化学などの様々な研究手法を用いて、学生・スタッフが一丸となって、日々研究に取り組んでいます。

最近の主な発表論文

  • Orakij W., Chetiyanukornkul T., Kasahara C., Boongla Y., Chuesaard T., Furuuchi M., Hata M., Tang N., Hayakawa K., Toriba A.: Polycyclic aromatic hydrocarbons and their nitro-derivatives from indoor biomass fueled cooking in two rural areas of Thailand: a case study., Air Qual. Atmos. Health in press (2017).
  • Yokawa S., Suzuki T., Inouye S., Inoh Y, Suzuki R., Kanamori T., Furuno T., Hirashima N.: Visualization of glucagon secretion from pancreatic α cells by bioluminescence video microscopy: identification of secretion sites in the intercellular contact regions., Biochem. Biophys. Res. Commun., 485:725-730 (2017)
  • Toriba A., Homma C., Kita M., Uozaki W., Boongla Y., Orakij W., Tang N., Kameda T., Hayakawa K.: Simultaneous determination of polycyclic aromatic hydrocarbon quinones by gas chromatography-tandem mass spectrometry, following a one-pot reductive trimethysilyl derivatization., J. Chromatogr. A. 1459, 89-100 (2016).
  • Suzuki R., Scheffel J., Rivera J.: New Insights on the Signaling and Function of the High Affinity Receptor for IgE., Curr. Top. Microbiol. Immunol., 388:63-90 (2015)
  • Suzuki R., Leach S., Liu W., Ralston E., Scheffel J., Zhang W., Lowell CA., Rivera J.: Molecular Editing of Cellular Responses by the High-Affinity Receptor for IgE., Science, 343:1021-1025 (2014)
  • Brochetta C # ., Suzuki R # ., Vita F., Soranzo MR., Claver J., Madjene LC., Vitte J., Varin-Blank N., Zabucchi G., Rivera J., Blank U.: Munc18-2 and Syntaxin 3 Control Distinct Essential Steps in Mast Cell Degranulation., J. Immunol., 92:41-51 (2014) # equal contribution.
  • Asahi M., Kawai M., Toyama T., Kumagai Y., Chuesaard T., Tang N., Kameda T., Hayakawa K., Toriba A.: Identification and quantification of in vivo metabolites of 9,10-phenanthrenequinone in human urine associated with producing reactive oxygen species., Chem. Res. Toxicol., 27 (1), 76-85 (2014).

教員紹介

  • 鈴木 亮 教授

    専門分野

    アレルギー学、免疫学、細胞生物学

    所属学会

    日本アレルギー学会、日本免疫学会、日本分子生物学会、日本薬学会、米国アレルギー学会他

  • 鳥羽 陽 准教授

    専門分野

    汚染原因物質、クロマトグラフィー

    所属学会

    クロマトグラフィー科学会、日本分析化学会、日本薬学会、大気環境学会

  • 唐 寧 准教授

    専門分野

    環境分析化学

    所属学会

    日本薬学会、大気環境学会、日本分析化学会、日中医学協会

もっと知りたい

↑ ページトップへ