薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 研究室・教員 > 研究室一覧 > 附属病院薬剤部

附属病院薬剤部

主な研究テーマ

  • 薬効・毒性の個人間および個人内変動要因となる代謝酵素およびトランスポーターの分子薬物動態学的研究
  • 副作用モニタリング・回避のための臨床薬物動態学的研究
  • 医薬品の適正使用と薬物療法の個別化、患者のQOL向上のための投与設計法の開発

研究の概要

医薬品の効果や副作用は、その製剤特性に加えて、病態や併用薬物による薬物代謝酵素群や薬物輸送担体(トランスポーター)の遺伝子変異、機能変動、その他の薬物動態学的要因および薬力学的要因によって大きな影響を受けます。病院薬剤部では、より安全で有効性の高い個別薬物療法の実現を目指して、治療効果に影響を及ぼす要因を解明するために、基礎及び臨床の両面から研究に取り組んでいます。

最近の主な発表論文

教員紹介

  • 崔 吉道 教授

    専門分野

    臨床薬学、薬物動態学

    所属学会

    日本薬物動態学会、日本薬剤学会、日本医療薬学会、日本薬学会、日本癌学会、トランスポーター研究会、石川県病院薬剤師会、International Society for the Study of Xenobiotics

  • 嶋田 努 准教授

    専門分野

    臨床薬学、薬物動態、生薬療法

    所属学会

    日本薬学会、日本臨床薬学会、石川県病院薬剤師会、和漢医薬学会

もっと知りたい

↑ ページトップへ