薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > イベント > オープンキャンパス > オープンキャンパス2008

オープンキャンパス2008

オープンキャンパス2008

  時間 プログラム 場所
午前の部 9:30 ~ 10:00 受付 本館・エントランスホール
10:00 ~ 10:10 薬学系長挨拶 図書館・大会議室
10:10 ~ 10:30 大学・学域・学類概要の説明
10:30 ~ 11:10 模擬講義: 小谷明 教授(臨床分析科学)「ミネラルから見た生命のからくりと薬への応用」
11:10 ~ 12:00 自由施設見学/パネル展示・相談コーナー 本館/1号館/図書館
午後の部 13:00 ~ 13:30 受付 本館・エントランスホール
13:30 ~ 13:40 薬学系長挨拶 図書館・大会議室
13:40 ~ 14:00 大学・学域・学類概要の説明
14:00 ~ 14:40 模擬講義: 北垣 伸治 准教授(精密分子構築学)「医薬品を生み出す有機合成」
14:40 ~ 15:30 自由施設見学/パネル展示・相談コーナー 本館/1号館/図書館

模擬講義の概要

ミネラルから見た生命のからくりと薬への応用(小谷 明 教授)

近年健康ブームで健康食品やサプリメントがブームです.その中に鉄や銅,亜鉛といったミネラル(金属イオン)があります.実はこれらのミネラルは生命エネルギーの源であり,われわれ生命の生みの親です.これらミネラルは遺伝子のどこにも書かれていない不思議な存在ですが,生命をミネラルから見てみると長生き・健康の秘訣が見えてきます.ミネラルの薬への応用として生命のからくりを逆手にとった抗がん剤を紹介します.

医薬品を生み出す有機合成(北垣 伸治 准教授)

医薬品の多くは有機化合物です.炭素,水素の他に窒素,酸素,硫黄など様々な元素を含み,薬理活性に重要な三次元構造をもっています.医薬品を世に出すためには,そのような有機化合物を人工的につくる(合成する)技術開発が不可欠です.化学の発展に伴い,今やどんなに複雑な構造の有機化合物も合成できるようになってきました.一方で,解決すべき多くの問題もあります.この講義では,有機合成の現状について概説します.

もっと知りたい

お申し込み、アクセスなどの情報はこちらをご覧ください。

↑ ページトップへ