薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 教育 > 理念・目標・期待する学生像

理念・目標・期待する学生像

学類の理念・目標

薬学類・創薬科学類は,大学院医薬保健学総合研究科薬学専攻・創薬科学専攻と連携して,人類の健康増進や医薬品の創製につながる先端的な基礎研究,応用研究,医療薬学研究の拠点として,健康な長寿社会の実現に貢献することを目指しています。したがって,豊かな創造力,高い見識,卓越した研究企画能力,強いリーダーシップを有し,国際的視野で活躍できるバランスのとれた薬学教育・研究者や医療人を養成することを目標としています。

薬学類

薬学の基礎的・専門的な知識・技術の修得をはじめ,豊かな人間性と高い倫理観を兼ね備えた次世代の薬学教育研究者を養成することを目標としています。

創薬科学類

人類の健康増進や医薬品の創製につながる先端的な基礎研究・応用研究分野で活躍する研究者,製薬企業等における研究開発・情報提供などに携わる企業人,行政機関において衛生行政に携わる公務員など,創薬研究能力を生かせる多様な人材の養成を目標としています。

期待する学生像

薬学類

大学や研究機関等における薬学教育・研究者を志す人、薬事行政に携わる職種を目指す人など、薬のプロとして活躍したい向上心ある学生諸君の入学を期待します。薬剤師資格を有した上で薬の研究を自ら推進できる薬学教育・研究者に育って欲しいと考えていますので、卒業後に大学院博士課程への進学を勧めています。

創薬科学類

薬を創ること、病気を治すこと、健康を増進させることに興味をもつ研究心旺盛な人で、研究成果を挙げて社会に貢献したい学生諸君の入学を期待します。世界最先端の研究を自ら推進し、活躍する創薬科学・生命科学の教育・研究者に育って欲しいと考えていますので、卒業後に大学院(博士前期・後期課程)への進学を強く勧めています。

↑ ページトップへ