薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 教育 > 教育目標・内容

教育目標・内容

教育目標

薬学類

医療人としての倫理観を養い,薬物治療の専門家として健康と疾病に関わる基礎知識を修得するとともに,臨床現場における実践的な技能と態度,薬物治療に起因する問題を同定・評価して解決する能力を6年間で身につけます。高度に専門的な教育・研究者の育成を目指していますので,大学院博士課程(4年間)への進学を推奨します。

創薬科学類

基礎薬学,創薬科学,生命科学など各分野の基礎的な知識・技術を修得し,課題探求・問題解決能力,考察力,英語論文読解力などの基礎的なスキルを4年間で身につけます。大学院博士前期課程(2年間)への進学が前提となり,さらに高度な知識と技術,国際的競争力を備えた教育・研究者の育成を目指していますので,博士後期課程(3年間)への進学を推奨します。

教育内容

薬学類と創薬科学類の募集は一括で行われ、3年前期までは全員が共通のカリキュラムで、共通教育科目および薬学の基礎となる有機化学、物理化学、生物化学系の専門科目(講義/実習/演習)を学びます。学類に配属された3年後期以降は、以下のような各学類に特徴的なカ リキュラムが組まれ、各々の専門性を高めます。

薬学類

  1. 医療薬学関連の専門科目(3年後期4年前期)
  2. 調剤、医薬品の管理、服薬説明、患者接遇などの技能や態度のトレーニング(4年次)
  3. 実務実習事前学習と22週の実務実習(薬局実習、病院実習)(4年次~5年次)
  4. より高度な臨床能力を目指す人には大学病院薬剤部での「病院実習II」(6年次、選択)
  5. 課題研究を通して問題解決能力を養成(4年次~6年次)

授業科目例

薬事関係法規、コミュ二ケーション論、医薬品評価学、調剤学総論、臨床医学入門、医薬品情報学、医薬品安全性学etc.

創薬科学類

  1. 創薬科学関連の専門科目(3年後期)
  2. 英語の発表・リスニング能力の基礎トレーニング(3年後期)
  3. 複数の研究室をローテーションして研究の最前線を体験(3年後期)
  4. 「創薬」をキーワードとする少人数講義(4年前期、選択)
  5. 希望する研究室に所属してマンツーマンの指導による卒業研究(4年次)

授業科目例

創薬科学、薬学英語演習Ⅲ、ラボローテーション、基礎創薬論、応用細胞機能学、創薬合成科学、環境物理分析科学etc.

↑ ページトップへ