薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 概要 > 薬学系長挨拶

薬学系長挨拶

薬学系長 国嶋 崇隆

金沢大学医薬保健学域薬学類・創薬科学類では、日本の薬学教育において私たちが果たすべき使命を見直し、両学類に共通して育成すべき人材像を「薬学・生命科学分野において主導的に活躍する教育者・研究者」と定めました。薬学を学んだ先にある職種は後述のとおり多様ですが、本学の卒業生には、将来どの道に進んでもこの人材像を目標とすることを望みます。

薬学とは、くすりと身体の相互作用について様々な角度から探求する総合的な学問であり、その基盤には、化学、物理学、生物学に基礎を置く共通の専門科目(薬学基礎科目)があります。本学では、どちらの学類においても、将来一流の科学者になるために必要な基礎的素養を徹底的に身につけられるように、薬学基礎科目に重点を置いたカリキュラムが配置されています。これらを学ぶことにより、入学後の早い段階で薬学という学問の本質を知り、同時に、その先にある多様な職種について十分な理解を深めることができます。入試を両学類一括で行い、3年次後期から各学類に分かれる経過選択制は、こうした背景のもとで自分の適性を見極めながら、進路や将来の職業をじっくり考えて決められることが大きな利点といえます。一方、将来の進路希望が明確であり、受入方針に合致する人のために、新たなAO入試制度が次年度より導入されます。AO入試入学者は一般入試入学者と共通のカリキュラムで学ぶ他に、早期から研究に触れられる特別プログラムを種々受けることができます。

将来像として、創薬科学類卒業生には、薬学にとらわれず、広く生命科学や自然科学分野で世界的に活躍する教育者・研究者を、薬学類卒業生には、高い科学的能力に基づいて最先端の医療を提供できる薬物治療の専門家や、若手薬剤師を指導・教育する主導的薬剤師を目指して欲しいと思います。薬系大学教授、製薬企業や公的研究所の研究チームリーダー、薬事行政に携わる職種等は、どちらの学類からでも目指すことができます。これらの多くの職種において求められる高度な専門性を養うために、薬学類の上には4年制博士課程が、創薬科学類の上には2年間の博士前期課程とさらにその上に3年間の博士後期課程がそれぞれ設けられています。

現在、金沢大学は「海外の一流大学と肩を並べ、世界に通用する教育研究拠点」を目指し、全学をあげて様々な改革を推進しています。本学に入学を希望する皆さんには、上述の人材像に加え、その活躍の場を世界に広げることも意識して欲しいと思います。薬学類・創薬科学類は今年創立150周年を迎えます。私たちと共にこの誇りある歴史を受け継ぎ、次の時代を切り拓き、新しい歴史を創ろうではありませんか。高い志を持つ皆さんの入学を待っています。

↑ ページトップへ