薬学類・創薬科学類,大学院薬学系ホーム > 概要 > 沿革

沿革

1.草創期

1867(慶応3) 加賀藩卯辰山養生所に製薬所と薬圃が付設され、舎密局を置く。高峰譲吉の父精一(元淕)綜理となる。
[金沢大学薬学部の起源]
1870(明治3) 養生所より医育部門を分離して大手町に加賀藩金沢医学館を開設し、館内に病院を付設

2.形成期

1871(明治4) 蘭医ペア・スロイス着任し、薬学教育の必要を説いたとも言われている。
医学館より理化学教育を分離して兼六園内(時雨亭跡)に理化学校を設立し、舎密局を移す。
1872(明治5) 4月藩校閉鎖令で医学館、理化学校閉鎖さる。
私立金沢医学館を開設(明治8年に県へ移管され石川県病院と改称)、製薬所も存続す。
9月明治天皇医学所に行幸なる。
1873(明治6) 3月金沢病院は県の補助を受けることになる。
1874(明治7) 堤従清他数名の薬学専修志願者、入所する。
1875(明治8) 蘭医ホルトマン来任する。8月より石川県立となる。
1876(明治9) 石川県病院から医育部門を分離して石川県医学所とし、薬局学科(薬圃学科)を付設[金沢における体系的な薬学教育の始まり]
処方学、薬物学を含む7教科
翌年、旗善蔵等入学する。
1877(明治10) 石川県金沢医学所製薬学科と改称
1878(明治11) 9月明治天皇医学所に行幸なる。
1879(明治12) 堤従清ら3名最初の卒業生となる。堤従清は医学校助教諭として留まる。
石川県金沢医学校製薬学科と改称
1880(明治13) 墺人ローレンツ来任(ドイツ医学への転向)玄洞、独ワイガント著「生薬学」を訳し、「生薬学」1巻を著す。
玄洞、独ワイガント著「生薬学」を訳し、「生薬学」1巻を著す。
1883(明治16) 金沢在住薬舗主らにより親睦的学会「鞭草会」設立
薬補検定試験に合格者多数(石川県薬剤師会の発祥)
1884(明治17) 医学校が石川県甲種医学校に昇格し、製薬学科を併設
玄洞、「生薬学」2巻を著す。
1886(明治19) 石川県薬舗会設立
石薬館建設、薬品検査を行なう。
1887(明治20) 納富嘉博来任、製薬学を講ず。
文部省令により第四高等中学校医学部を設置
1888(明治21) 前年の第四高等中学校医学部設置に伴い、甲種医学校閉校
石川薬舗会が私立北陸薬学講習所を石川薬館内に設立

3.成長期

1889(明治22) 医学部に薬学科追加付設
官立校となり、金沢薬字廃絶の危機を脱す。
1891(明治24) 桜井小平太、薬学科長として赴任
生薬、製薬、分析の3教室を置く。
高山基重、製薬学を講ず。
1892(明治25) 大手町より広坂通りに新築移転(四高跡、現中央公園)
(教場の一部、明治村に保存)
1894(明治27) 第四高等学校医学部薬学科と改称
1896(明治29) 医学部に十全会創立
高山基重、薬学科教授となる。
天然物の化学研究起こる(第1期)。
1897(明治30) 桜井小平太、オットー「裁判化学」訳なる。
1898(明治31) 高山基重、ヂアスターゼ創製、特許なる。
1901(明治34) 金沢医学専門学校薬学科となる(校長 高安右人)。
1912(大正元) 金沢薬学会発足
会誌第1号発刊
1913(大正2) 高峰譲吉博士、来校し講演する(5月2日)。
1914(大正3) 十全記念館落成
1920(大正9) 富山薬学校、官立薬学専門学校となる。
金沢薬専の廃止説流布さる。

4.発展期

1923(大正12) 関東大震災起こる。
金沢医科大学附属薬学専門部となる。科目は衛生、分析薬化、生薬の3教科
1924(大正13) 須藤憲三、金沢医科大学長となり、理論化学と植物学を新たに補強
5教科5教官とし研究を奨励する。
摂政宮殿下(昭和天皇)医科大学へ行啓(11月)
1925(大正14) 西村真一郎薬学専門部主事となる。浅野三千三来任(分析学)
再び、天然物の化学研究起こる(第2期)。
卒業生柳沢秀吉、薬学博士第1号となる。
1926(大正15) 科目は衛生化学、裁判化学、薬化学、無機化学、物理化学、薬用植物学、生薬学、分析学、有機化学、独逸語の10教科8教官と充実する。
開学祭挙行(学内の開放)
1929(昭和4) 9月薬学専門部校舎小立野に新築成る。木造2階建て、430坪
三年生本多豊男らにより学生歌「名無草」生まれる。作詩室生犀星、作曲弘田龍太郎 
1931(昭和6) 浅野三千三、薬学専門部主事となる。
1932(昭和7) 石坂伸吉、医科大学長に就任
1936(昭和11) 浅野三千三、学士院賞受賞
祝賀式ならびに金沢薬学会25年記念式典挙行
1938(昭和13) 浅野三千三、東京大学教授に転任
1939(昭和14) 鵜飼貞二後任専門部主事に着任
戦時色濃厚となる。
1941(昭和16) 太平洋戦争始まる(12月)。
1944(昭和19) 金薬母学振興会発足
1945(昭和20) 太平洋戦争終結(8月)

5.躍進期

1947(昭和22) 金沢において戦後初めての日本薬学会学術大会開催(約2,000名参加)
金薬同窓会、同時開催(350名参集)
母学大学昇格期成運動盛り上がる。
女子学生2名入学
1949(昭和24) 新制金沢大学設置(初代金沢大学長 戸田正三)
金沢大学薬学部発足(初代薬学部長 鵜飼貞二)
三たび、天然物の化学研究起こる(第3期)。
第1回日本薬剤師協会北陸支部学術発表会、金沢において開催
金沢大字薬学部創設記念会、同時関催(全国より同窓生250名参集)
1951(昭和26) 金沢大学薬学部研究年報発刊(10年後に廃刊)
1953(昭和28) 金沢大学薬学部第1回卒業生出る。
金薬同窓会誕生(会長 三浦孝次)、会報第1巻発刊
1954(昭和29) 鵜飼貞二退官、静岡薬科大学長に転ずる。
学部長選挙制実施(2代薬学部長 三浦孝次)
薬学専攻科設置
1956(昭和31) 金薬同窓会、図書館を寄付
抗生物質学講座新設
1957(昭和32) 5月5日早朝薬学部本館より出火、430坪を鳥有に帰す。薬化、分折、抗生、薬物、衛化の5教室ならびに元素分析室を失う。
校舎復興期成同盟会発足(会長 益谷秀次)、復興5ヶ年計画案なる。
1958(昭和33) 新校舎起工式(3代薬学部長 平本実)
1959(昭和34) 第1期工事竣工式挙行、鉄筋コンクリート4階建(447坪)完成
薬化、分析、抗生、薬物の4講座を収容
1960(昭和35) 第2期工事竣工(442坪)
薬造、衛化、生化、薬剤、生薬の5講座を収容
1961(昭和37) 石橋雅義、大学長(2代)に就任
荒田義雄、4代薬学部長に就任
1963(昭和38) 第17回日本薬学会(衛生、薬剤部会)金沢で開催
第3期工事竣工(164坪)、中央精密機械室、図書室、薬剤講座、生薬実習室を収容
校舎復興建築5ヶ年計画達成
1964(昭和39) 黒野吾市、5代薬学部長に選任
大学院修士課程設置、3名入学
金薬同窓会を改組し、薬友会発足(会長 黒野吾市)
1966(昭和41) 製薬化学科の新設許可され、定員40名増募。薬学科とあわせ、2学科、13講座制となる。初年度設置は
薬学科:薬化学、薬品分析学、生化学、生薬学、薬物学、微生物薬品化学、衛生化学
製薬化学科:薬品製造化学、製剤学
1967(昭和42) 物理化学、薬品合成化学設置
製薬化学科研究棟増築進む(1100坪)。
中川善之助、大学長(3代)に就任
10月28日薬学部創立百周年記念式典挙行、薬友会薬学講堂(60坪)寄付
金沢大学薬学部百年史刊行

6.雄飛期

1968(昭和43) 荒田義雄、6代薬学部長に選任
生物薬品化学設置
1969(昭和44) 放射薬品化学、薬草園設置
2学科13講座揃う。
1972(昭和47) 高橋幸太郎、7代薬学部長に選任
1973(昭和48) 豊田文一、大学長(4代)に就任
1975(昭和50) 山本譲、8代薬学部長に選任
1976(昭和51) 金沢大学総合移転問題、賛否両論激しく揺れる。
1977(昭和52) 薬草園、附属薬用植物園に名称変更
1978(昭和53) 金沢大学評議会は法・文・経の分離と城外移転を決定
1979(昭和54) 金子曽政、大学長(5代)に就任
藤井澄三、9代薬学部長に選任
1980(昭和55) 金大総合移転先に角間地区を決定
1981(昭和56) 大場義樹、10代薬学部長に選任
1982(昭和57) 金沢大学総合移転候補地取得予算計上
1983(昭和58) 五味保男、11代薬学部長に選任
角間移転、学部順決定(法・文・経・理・教育・教養)
1984(昭和59) 角間移転、法学部より開始
1985(昭和60) 大学院自然科学研究科博士課程発足(後期3年博士課程)
日本薬学会第105年会(組織委員長 山本譲)金沢において開催される(延べ8,500名参加)。
薬友会記念懇親大会、同時開催される(200名参加)。
本陣良平、大学長(6代)に就任
1987(昭和62) 花岡美代次、12代薬学部長に選任
1988(昭和63) 城外部局(薬学部他)角間移転調査費計上
1989(平成元) 大学院自然科学研究科博士課程第1回修了者出る(薬学博士2名、学術博士4名)。
青野茂行、大学長(7代)に就任
1991(平成3) 宮崎元一、13代薬学部長に選任
1992(平成4) 卒業証書、学位記に変わる。
学士(薬学)、修士(薬学)、博士(薬学)
1993(平成5) 岡田晃、大学長(8代)に就任
大場義樹、14代薬学部長に選任
1994(平成6) 城内部局、角間移転完了
1995(平成7) 二階堂修、15代薬学部長に選任
1996(平成8) 日本薬学会第116年会(組織委員長 花岡美代次)金沢において関催される(延べ12,000名参加)。
金沢大学薬友会懇親大会同時開催
「金沢大学薬学部130年譜」発刊
大学院薬学研究科に医療薬学専攻課程設置
薬学部大講座制へ改組(薬学科3講座、製薬化学科3講座)
1997(平成9) 大学院薬学研究科(修士課程)、大学院自然科学研究科(前期課程)へ改組
1999(平成11) 林勇二郎、大学長(9代)に就任
辻 彰、16代薬学部長に選任
2002(平成14) 薬学科・製薬化学科を総合薬学科へ改組
2003(平成15) 石橋弘行、17代薬学部長に選任
2004(平成16) 国立大学法人化、大学院重点化、角間キャンパスへ移転
2006(平成18) 6年制薬学科、4年制創薬科学科へ改組
2007(平成19) 向 智里、18代薬学部長に選任
2008(平成20) 3学域・16学類制に伴い、医薬保健学域薬学類・創薬科学類へ改組
薬学部附属薬用植物園、医薬保健学域薬学類・創薬科学類附属薬用植物園に名称変更
中村信一、大学長(10代)に就任
向 智里、初代薬学系長に選任
2010(平成22) 大学院医学系研究科に博士前期課程創薬科学専攻設置
2012(平成24) 大学院医学系研究科、大学院医薬保健学総合研究科へ改組
大学院医薬保健学総合研究科に博士後期課程創薬科学専攻、博士課程薬学専攻設置
早川和一、2代薬学系長に選任
2014(平成26) 山崎光悦、大学長(11代)に就任
国嶋崇隆、3代薬学系長に選任

↑ ページトップへ