おしらせ

※一般公開は行っていません。見学を希望される方はイベントに合わせてお越し下さい。

身近な薬草勉強会

10月29日(土)に定例会が開催されます。


9月17日(土)に定例会を開催しました。
9月の定例会案内

その他の企画

5月16-17日
シャクヤク観察会を開催しました。

5月28-29日
第17回加賀・能登の薬草シンポジウムを開催しました。

園内の植物

サキシマボタンヅル(キンポウゲ科)
Clematis chinensis Osbeck
薬用部位:根および根茎(威霊仙:イレイセン)
本草綱目に「威とはその性が猛なることを意味し,霊仙とはその効力が神速なる
意味をいったもの」と記載されている。鎮痛薬として神経痛やリウマチに用い,
二朮湯、疎経活血湯などに配合される。   (撮影日:2016年8月10日)

オニユリ(ユリ科)
Lilium lancifolium Thunb.
薬用部位:りん片葉(百合:ビャクゴウ)
鎮咳、消炎、滋養、利尿作用があり、辛夷清肺湯、百合知母などに配合される。
ユリの花粉をゴマ油で練ったものを切り傷やあかぎれの外用薬として民間的に
使用する。 (撮影日:2016年7月25日)


園内の植物・写真撮影日
コガネバナ
2016年6月20日
カノコソウ
2016年5月23日
ボタン
2016年4月25日

アンズ
2016年3月
 
 
 
 
▲ページトップへ

薬用植物園へのアクセス

薬用植物園は金沢大学角間キャンパス南地区,K駐車場奥にあります.


▲ページトップへ

連絡先

金沢大学 医薬保健学域薬学類・創薬科学類
附属薬用植物園
〒920-1192
石川県金沢市角間町
分子生薬学研究室
TEL&FAX:076-234-4491
Email:yakusouen @p.kanazawa-u.ac.jp
(@の前の半角スペースは削除して下さい)

▲ページトップへ


ムラサキ
(撮影日2016年9月17日)